◆ QOLプロモーションII

QOLプロモーションII
科目名 QOLプロモーションII
科目英文名 QOL Promotion II
担当者 生活科学部教員(  )
種別 講義
単位数 1単位
学年・学期 3年・集中
講義の目的 地域住民の生活課題の把握・分析方法とその解決策の立案・実行に必要なスキルの修得に必要な基礎知識を学ぶ。
講義の概要 地域住民の生活課題を把握、解決策の立案・実行を行うための、地域ニーズ・アセスメントおよび地域計画立案・実行のプロセスを説明する。地域ニーズ・アセスメントで、どのようにして地域住民の生活課題に関する情報を集め、どのように分析し、そして、地域計画で、その分析結果を統合しながら、どのように生活課題に関する解決策を見いだし、実行していくのかを具体的に説明する。
講義方法 基本的なことについて説明するとともに、具体的な事例などを用いて基礎的理解を促す。また、教員とのディスカッションを通じて、本講義で学んだ基礎知識の応用力を養う。
授業内容
授業内容
テーマ 予定回数 概要
地域住民の課題に関する情報収集の方法 1 地域計画におけるニーズ・アセスメントの方法を具体的に説明する。
ニーズ・アセスメント 2 1回目で説明した内容について、具体的な事例を用いて、ニーズ・アセスメントの理解を深める。
計画とコーディネーション 2 ニーズ・アセスメント後に行う計画および計画の実行のためのコーディネーションとは何かを説明する。
チームアプローチ方法 1 地域住民との共働および課題解決を行うにあたって、どのようなチームを組むことが望ましいのかを説明する。また、チームアプローチの現状と課題、チームアプローチの意義についても説明する。
地域住民のQOLとケアマネジメント 2 地域住民のQOLプロモーションを考えるにあたって、ケアマネジメントがどのような役割を果たすことができるのか、また、その観点から、どのようなケアマネジメントが展開されるべきなのかを説明し、学生ともディスカッションする。
評価方法 出席状況・授業中のディスカッションへの参加態度・レポート評価
教科書等 プリントを配布する。
備考 (担当者からの一言)
学生のQOLもプロモーションしていけるような講義を考えています。そのためにも、学生の主体的な参加を求めます。積極的な質問・コメントは大歓迎です。講義は、参加しているという実感をもつことが大切ですので、どんな些細な質問でもOKです。
ぜひ、皆さんとともに、さまざまな課題にチャレンジしましょう。

「QOLプロモーションU」の履修は「QOLプロモーションT、T演習」を修得していること。
「QOLプロモーションU」及び「QOLプロモーションU演習」の履修は同時に履修すること 。