◆ QOLプロモーションI

QOLプロモーションI
科目名 QOLプロモーションI
科目英文名 QOL Promotion T
担当者 生活科学部教員(  )
種別 講義
単位数 1単位
学年・学期 2年・集中
講義の目的 QOL(Quality of Life)の概念を学び、これまでは健康事象のみから評価されがちであったQOLを、受講生全員でとともに考えながら地域生活を包含するものに広げる。そして、この新しいQOLの向上に寄与する上で、異なる分野の専門職による俯瞰的分析と取り組みが、どの程度の重要性および有効性を有するか検証する。
講義の概要 まずQOLという概念について説明する。続いて、地域生活を包含する新しいQOL概念の確立に向けて議論し、地域づくりにつながるQOLプロモーションのありようを考える。そして、QOLプロモーションのために異なる分野の専門職による俯瞰的分析と協働の必要性について、3学科の教員と参加住民・専門職および受講学生によるディスカッションを進める。
講義方法 ともに受講する地域住民や専門職から直面している問題の提起を受けたり、教員が収集した事例を題材にしたりして、生活問題の多面性に関してディスカッションすることを講義の中心とする。
授業内容
授業内容
テーマ 予定回数 概要
QOL概念について 1 QOL概念の発生から現在までの変遷を学ぶ。
地域生活者のQOL 1 健康問題から地域生活へとQOL概念の展開を図る。
QOLプロモーションの過去と未来 2 トップダウン傾向強かった従前の健康福祉施策を顧みて、これからのあり方を考える。
生活問題の多面性 1 生活問題を3学科教員により多面的に解析する。
専門職チームアプローチの有効性 2 専門職の協働による多面同時改善策が有効な生活問題事例を検討する。
QOLプロモーションによる地域づくり 1 地域生活のQOLプロモーションを地域づくりに結びつける活動のありようを事例の中に探す。
評価方法 出席状況・授業中のディスカッションへの参加態度・レポート評価
教科書等 プリントを配布する。
備考 (担当者からの一言)
新しい授業です。住みよい街づくりを実現するために、QOLプロモーターに求められる生活問題の多面的把握について、その意義を共に考えましょう。

「QOLプロモーションT」及び「QOLプロモーションT演習」の履修は同時に履修すること。