◆ QOLプロモーション演習T、U(高齢者支援グループ)のお知らせ

 シンポジウム「博物館を活用した地域高齢者ケアの可能性」

    以下のように大阪住まいのミュージアムと共催で
    シンポジウム「博物館を活用した地域高齢者ケアの可能性」
    を開催いたします。是非ご参加下さい。


  • [日 時]
    平成20年7月18日(金) 午後3時 〜 午後5時

  • [場 所]
    住まい情報センター 3階ホール(大阪くらしの今昔館と同じビルの3階)

  • [内 容]
    回想法の第一人者である野村豊子氏(東洋大学教授)と、博物館を活用した回想法を先進的に取り組んでこられた市橋芳則氏(北名古屋市歴史民俗資料館学芸員)をお迎えし、具体的な内容を紹介していただくとともに、会場の参加者の皆さんと活発な意見交換を行います。

  • [プログラム]
    ■午後3時〜4時30分  シンポジウム
             会 場   住まい情報センター 3階ホール
                    (大阪くらしの今昔館と同じビルの3階)
    ■午後4時30分〜5時  展覧会場での意見交換
             会 場   大阪くらしの今昔館 企画展示室
                    (住まい情報センター8階)

    ※GP学生は参加の申し込みを曽根まで知らせて下さい。参加者にはQOLプロモーション演習T、Uの単位を認定します(参加のみ・演習1コマ、参加とレポート提出・演習3コマ)。

    ※シンポジウム等の参加費は無料です。

    ※一般の方の参加申し込みは必要ありません。

    詳細は パンフレット[PDF 258KB] をご覧ください。パンフレット