◆ QOLプロモーションT講演会のご案内

 「回想法と高齢者ケア -豊かな高齢期をめざして-」

QOLプロモーションT講演会
  • [日時]
    平成18年7月29日(土)10:00〜15:00


  • [場所]
    住まいの情報センター
    (地下鉄谷町線、堺筋線、阪急線「天神橋筋6丁目」駅下車 3号出口)


  • [参加費]
    無 料

  •      QOLプロモーションT講演会パンフレット講演会パンフレット(476kb)

[内 容]
 大阪市立大学生活科学部では平成17年度より文部科学省現代的教育ニーズ取組支援プログラム「QOLプロモーター育成による地域活性化」に取り組んでおります。
 このたび、大阪市立弘済院附属病院の中西亜紀先生と岩手県立大学の野村豊子先生を迎えて、認知症と高齢者ケアに関する講演会ならびに回想法の研修会を開催することになりました。現在、高齢期を豊かにするための「語りと回想」が心理・看護・福祉の分野で注目されています。本学のGP履修学生と共に、日ごろ地域において高齢者の介護支援を実践されているグループの皆様にも是非参加していただき、今後の活動の糧としていただければ幸いです。
 なお、午後の研修会は、野村先生をはじめ、大阪市立大学都市問題研究「都市の伝統的生活文化が認知症の進行防止・改善に及ぼす効果について」に参加し、現在大阪市立弘済院ならびに大阪市立住まいのミュージアムにてグループ回想法を実施している、臨床心理士の皆さんの協力を得て行います。
 今回は「大阪市立住まいのミュージアム」に造られた日本の伝統家屋の中で、7〜8名のグループに分かれて研修を行いますので、その場の効果も体験していただけると思います。
 午前に予定しております講演会の会場は200名ほどの方が入場できますが、午後のグループ回想法研修会は7〜8名のグループに分かれて4つの部屋で研修いたしますので、研修参加者の人数を32名に限らせていただきます。

[プログラム]    
【10:00〜12:00】 講演会
会場:
住まいの情報センター 3階ホール
演題1:
「認知症の理解のために」
講師:
中西 亜紀 氏(大阪市立弘済院附属病院神経科精神科副部長)
演題2:
「地域における回想法の展開」
講師:
野村 豊子 氏(岩手県立大学・社会福祉学部教授)
【13:30〜15:00】 グループ回想法研修会
会場:
住まいの情報センター 9階ホール
大阪市立住まいのミュージアム

[申込方法]
7月17日(月)迄にFAXにて「講演会と研修会参加」「講演会のみ参加」「研修会のみ参加」を明記して、お名前・所属・連絡先(電話番号・FAX・eメールアドレス)をお知らせ下さい。
※ご記入いただきました個人情報(氏名・住所)は適切に管理し、参加者の把握等に利用させて頂きます。
  それ以外の目的に使用することや、第三者へ提供・開示することは一切ありません。


[定 員]
午前の講演会 200名
午後の研修会  32名
(参加申込者多数の場合は、抽選)

[連絡先]
大阪市立大学大学院生活科学研究科
現代GP「QOLプロモーター育成による地域活性化」係    
住所:
〒558-8585大阪市住吉区杉本3-3-138
電話:
06-6605-2800
FAX:
06-6605-3086

[主催]
大阪市立大学大学院生活科学研究科

[後援]
大阪市立住まいのミュージアム