◆ QOLプロモーションU(講義)の授業報告

 地域を基盤としたQOLプロモーションの視座

  • [日時]
    平成18年1月14日(土)10:30〜12:30

  • [場所]
    大阪市立大学 学術情報センター10F 研究者交流室

  • [主旨]
    QOLプロモーションの推進にあたっては、住民の日常生活圏域を意識した「地域を基盤とした実践」の推進が不可欠である。今回は、QOLの向上に向けた「地域の視点」からのアプローチについて多角的に検討する。
    各発題者の専門の領域からの話題提供をふまえ、受講者のこれまでの演習・実習との接点から総括的に討論を深める。
コーディネーター : 岩間 伸之
〔話題提供1〕 白澤 政和 (大阪市立大学大学院生活科学研究科 教授)
(テーマ) QOL向上に向けての支援方法について
〔話題提供2〕 岩間 伸之 (大阪市立大学大学院生活科学研究科助教授)
(テーマ) 地域福祉計画(アクションプラン)にみる住民の参画と協働
〔話題提供3〕 宮野 道雄 (大阪市立大学大学院生活科学研究科 教授)
(テーマ) 地域の安全・安心について
〔全体討議〕 「地域を基盤としたQOLプロモーションの視座」をめぐる総括討論