◆ 採択理由

文部科学省
平成17年度 現代的教育ニーズ取組支援プログラム 選定取組の概要及び選定理由 より

この取り組みは、細分化しがちな現在の教育体系のなかにあって、QOL(生活の質)という観点から、生活科学の教育と研究分野を見直そうとする意欲的な提案です。住民のQOL向上は、地域の住民に対して大きな支援となることは間違いありません。特に都会の中で埋もれがちな高齢者、障害者に焦点を当てている点でも高く評価できます。

QOLプロモータという資格を考えている点でもユニークな取り組みといえますが、この資格が実際に認可される可能性は低く、もし認可されるとしても、それはかなり先のこととなるでしょう。とはいうものの、QOLプロモータという新しい概念を社会に投げかけたという点では評価できます。

昨年現代GPに採択されなかったにもかかわらず、さらに1年間準備を進めてきた点からも、申請者の意欲がうかがえます。