◆ 2006年度の募集について(2006年4月7日〆切済み)

QOLプロモーター養成コース受講生募集

[1] QOLプロモーターとは

現在の成熟社会では生活問題は複合化しており、食品・住居・福祉など細分化 された個別専門職のみでは人々のQOL(生活の質)を向上させるには限界が ある。本コースでは、生活者のQOLニーズを俯瞰的に把握・分析するニーズ アセスメント能力やコーディネーション能力を有し、パートナーシップによる問題解決を図ることのできる人材をQOLプロモーターと定義し、その育成を 図ることを目的とする。

[2] 認定資格

QOLプロモーター養成コースの履修を許可された生活科学部学生は、下記 「QOLプロモーターの認定を受けるための条件」を満たせば、QOLプロモーターとして本学部の認定を受けることができ、コース修了者には、QOLプロモーター認定修了書が授与される。

[3] QOLプロモーターの認定を受けるための条件

(1) QOLプロモーター養成コースの履修を許可されること。
(2) 次表「中核科目」をすべて修得すること。
(3) 次表「関連科目」の中から7科目16単位以上修得すること。ただし、
  「関連科目」の内、各学科提供の概論3科目は受講生が所属学科を越えて
  履修する必修科目とする。また、自分の所属学科以外の2学科が提供する
  「関連科目」から2科目以上、計4科目以上を履修(概論科目も含むことが
  できる)しなければならない。

中核科目 単位数 関連科目 単位数
QOLプロモーションT 1 食品栄養科学概論(必修関連科目) 2
QOLプロモーションU 1 住居学概論(必修関連科目) 2
QOLプロモーション演習T 1 人間福祉学概論(必修関連科目) 4
QOLプロモーション演習U 1 公衆栄養学U 2
※QOLプロモーションT、U、演習T、
演習UはQOLプロモーター養成コース
履修許可者のみ履修可能とする。
栄養教育プログラミング論 2
住生活論 2
居住福祉工学 2
人間工学 2
長寿社会科学 2
地域福祉論 2
ケアマネージメント論 2

[4] 定員

各学科5名(予定)
希望者多数の場合は抽選となる。

[5] コース申請資格

原則として「中核科目」及び「関連科目」の全てを受講できる者に限る。
申請できる学年は新2回生とする。(新3回生で受講を希望する者は事務室に相談すること)

[6] 履修モデル

2年前期 2年後期 3年前期 3年後期 4年
前期
4年
後期
中核科目 QOL
プロモーションT
QOL
プロモーション
演習T
QOL
プロモーションU
QOL
プロモーション
演習U
関連科目 食品 食品栄養科学概論 栄養教育
プログラミング論
公衆栄養学U
居住 住生活論 居住福祉工学
人間工学 住居学概論(集中)
福祉 人間福祉学概論 長寿社会科学 地域福祉論
ケアマネージメント論

[7] 申請方法

コースの履修を希望する者は「希望調査カード」を4月7日(金)までに生活科学部事務室に提出すること。なお、「希望調査カード」の配布は3月29日(水)成績通知書交付時に新2回生にのみ配布する。

[8] 受講者の決定

4月12日(水)13:00 生活科学部事務室横掲示板にて発表する。


■科目内容は「平成18年度生活科学部シラバス」を参照してください。

■平成18年度活動計画ならびに新参加生募集情報はこちら↓

演習高齢者支援グループ平成18年度活動計画≪演習高齢者支援グループ 平成18年度活動計画 [PDF 105KB]≫

この取組は、本学部が独自に企画した教育プログラムであり、特色ある優れた取組として、文部科学省が「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」に採択した事業です